高知大学山中文教授がPIを務める科研プロジェクト(基盤C)「音楽科の学力のミニマムスタンダードに関する 実証的研究」の一環で、英国における調査のコーディネート、及び通訳をL-Netが実施した。

3月2日にカムデン区のカリキュラム責任者である児童福祉課課長をインタビューした後、芸術教育に力を入れているRyle Primary Schoolを訪問。Year 2とYear 4の音楽の授業を参与し担当教員をインタビューした。

4日には東ロンドンにある小中一貫校Buxton Schoolを訪問。Year 4の授業を参与後、音楽科責任者と担当教員をインタビュー。University of East Londonの音楽教員養成の専門家にもヒアリングを行い、イングランドの音楽教育及び教員養成の動向を伺った。

学校の特色も教員の教授法も異なる二校を調査することができたと同時に、1988年National Curriculum導入後の重点課題の変遷を確認した。